LCCを利用したマレーシアへの旅

マレーシアと言えば東南アジアの中心にある、国土の約6割を熱帯雨林が占めている国です。

キナバル山やホーンビルといったパワースポットにも人気があります。
また、マラッカやジョージタウンといった世界遺産にも注目が集まっています。

当然、ペナンという有名なビーチやジョホール、ジョホール・バルといったゴルフやマリンスポーツといった田舎暮らし体験、歴史探訪といった観光も保しめる事で有名です。
そんなマレーシアにLCCや海外格安航空券を利用して出かけてみませんか。

▽マレーシア行きのLCCや格安航空券のお勧めは?▽
マレーシアに旅行に行きたいのだけれども、なるべく安くあげたいと考えている方にマレーシア行きのLCCや格安航空券をご紹介しましょう。
では、どの様な会社がいいのでしょうか。

・お勧めその1
エアアジア
スカイトラックス社から世界で最も優れた格安航空会社に選ばれたことが7年も連続してあります。
チェックインのセルフなので、ある程度のサービスを利用しなくても

安い料金でマレーシアに行きたいと考えている方には向いています。
ある程度サービスを受けたい方には、これから紹介する格安航空券を利用するのもいいでしょう。

・お勧めその2
ベトナム空港の格安航空券
ベトナム航空はANAのグループ会社の一員です。
水戸ホーリーホックのスポンサーとしても有名です。
機内食も各国に応じた伝統料理も魅力的です。近距離便では軽食が供されます。

・お勧めその3
シンガポール航空の格安航空券
クリスフライヤーの会員になると空港からの移動も一緒に予約する事ができるので空港についた後の観光の移動方法に困る事はありません。
ホームページ限定の料金もあるので一度覗いてみるのもいいでしょう。

▽まとめ▽
マレーシアに行く際には、LCCや格安航空券を利用して往復の運賃を抑えて、旅行先で思いきり贅沢な日々を過ごす事も楽しいでしょう。
ビーチで一日のんびり過ごすのもいいでしょう。

日々の喧騒から離れてゆったりと夕日を眺めながら、感慨にふけるのもストレス解消に役立つことと思います。

また、アグレッシブに行動したい方は、世界遺産巡りやマリンスポーツ、ショッピングやゴルフに興ずるのも楽しいひと時です。

マレーシアには豊かな自然と、古くから受け継がれている伝統的な建物が多く残されているので、町案身を探索するだけでも、新しい発見があるかもしれません。
古い町並みと新しい剣突物が溶け合って独特な雰囲気を醸し出す、キレイな都市が点在しています。

特に、様々な人種が共存しているので、バラエティに富んだグルメも、楽しみの一つとなるでしょう。

マレーシアLCC格安航空券の代表的な空港

マレーシア LCC 格安航空券の代表的な空港

マレーシアには、豊かな自然や歴史的な遺産を眺める事も楽しいですが、グルメやショッピングといった楽しみ方も豊富にあります。
また、足を延ばせばシンガポールにも陸続きで遊びに行くことも可能です。
そんな遊びどころがたくさんあるマレーシアへは、これから紹介する空港を利用すると大変便利です。

・KLIA
こちらの空の玄関口とも言われる有名な空港です。
「森の中の空港」というテーマの下故黒川紀章さんが設計に携わった空港として知られています。
日本語での案内表示やアナウンスもあるので、初心者でも安心して利用することができます。

・ペナン国際空港
ペナン島にある小さい空港です。その所在地から「バヤン・レバス」ともいわれています。
空港内にはマックを中心にケーキを食べれる店もあります。
日本のケーキと違く海外のケーキは甘ったるく好き嫌いが分かれますが、旅のつかれに待ち時間を利用して食べるのは良いかもしれません。東南アジアのなかで中規模の空港です。こちらの空港は、LCCのファイアーフライ航空と、エアアジアのハブ空港となっています。

・ボルネオ島
ボルネオ島に位置する国際空港があります。サバ州やボルネオ島への入り口となっている小さい空港です。
この国際空港はマレーシアでも2番目に旅客数が多い空港です。こちらの空港に入ってきている航空各社は、マレーシア航空やエアアジア、ジェットスター・アジア・エアウェイズなどのアジアからの就労が多い空港です。

・スナイ国際空港
スナイ国際空港はマレーシア南部にあるにある正式名称を「Sultan Ismail国際空港」と呼ばれています。本当に小さい空港ですケンタッキーとかスタバとかで暇つぶしができるぐらいしかありません。Wifiもつながる所は限られていますし、椅子も多くないので座れるところも少ないです。
そうはいってもスナイ国際空港はマレーシアの格安航空会社でもあるエアアジアの第2のハブ空港となっています。

まとめ
マレーシアの航空会社によって、日本から直接ではなくアジアの各都市を経由してからマレーシアに入国をするパターンが行先によってあります。
それぞれの行き先と就航会社をしっかりと確認してから、出発する事をお勧めします。
マレーシアのどの場所に観光に行くのかを先に決めてから、どの空港を利用するのか、あるいは、どの航空会社を利用するのかしっかりと確認してから、マレーシアの観光を楽しむと良いでしょう。

マレーシアの各観光都市へと足を延ばして思い切りマレーシアを堪能してください。

マレーシア 格安航空券でいくグルメ

格安航空券でいくグルメ
増々身近になってきたマレーシアですが、どの様な美味しいグルメがあるのでしょうか。
マレーシアに来たからには押さえておきたいグルメを3つご紹介しましょう。マレーシアは「グルメ天国」との異名を持つ国です。
マレー系やインド系、中国系と言った多民族国家なので、その分グルメで楽しむ事が可能です。
それでは、マレーシアに行ったら食べておきたい3つの料理を紹介しましょう。

・ミーゴレン
屋台では定番のミーゴレンです。
このミーゴレンは、野菜やシーフード等をオイスターソースやチリなどのスパイスで痛めたピリ辛の焼きそばをさします。
ビーフンを利用したミーフンゴレンという料理もあります。
マレーシアの多民族性がなせる技がマレー系やインド系といったたくさんの種類のミーゴレンがマレーシアでは楽しめるのです。

例えば、インド系のミーゴレンは、スパイスが良くきいていて味が
濃い目です。卵とじの様に仕上げてねっとり感で出ているのが特徴的です。
また、マレー系のミーゴレンはインド系のミーゴレンほど辛くはありません。

・ラクサ
こちらの料理はマレーシアを代表する麺料理といえるでしょう。
最も有名なラクサは、魚のダシをきかせた酸味が強めのスープ、アッサムラクサです。
ラクサには、マレーシアの地方によって料理方法が、異なっているので、ラクサを食べつくす旅行を計画するのもいいでしょう。
ニョニャラクサやペナンラクサ、ジョホールラクサ…といった具合に一言でラクサと言っても色々な種類があります。

・スチームボート
このスチームボートはマレーシアン代表的な鍋料理です。
シンガポールにも同じような料理があります。
食べ比べる事も楽しいでしょう。
スチームボートは、スープの入った鍋に、肉や野菜魚などを入れた、鍋料理です。たれにつけて食べます。

このタレにはチリソースと醤油の2種あります。
このスチームボートのおいしさの秘訣はスープとタレです。
マレーシアに旅行に行ったのならば、一度食べてみる事をお勧めします。

まとめ
いかがでしたか。マレーシアにはこの他にも、代表的なニョニャ料理として、
パイティーといった料理もあります。
こちらは、代表的なニョニャ料理のオードブルとしてよく供されています。
ビールのお供になりそうなオタオタも忘れてはいけません。
魚のすり身にココナッツやスパイスをきかせているので色々なオタオタを食べてみて、自分好みの味付けをしているお店を探すのも楽しいでしょう。
保管も紹介しきれないほどの種類の料理が屋台で楽しめます。
旅は1日2日では、食べつくすことができない程の多様な種類があります。
自分に合ったレシピを持っているお店に出会えるまで、マレー系や
インド系、中華系、インド系、食べつくして自分に合った味を見つけ出してみるのも面白い旅行にあると思います。

その為にもLCCや格安航空券を
利用してここでグルメを堪能するのも楽しい旅行かと思います。

マレーシアLCC格安航空券で行く観光地

日本からも気軽に行くことができるマレーシアですが、観光の目的がありすぎて絞れないという方、これから紹介する観光地も計画に入れておくと良いでしょう。
グルメに舌鼓を打ち、自分に合ったお店を探しだす事も楽しそうです。

また、日本と比較すると物価が安いのでショッピングに行くのもいいでしょう。
そんな見どころがたくさんあるマレーシアですが、せっかくLCCや格安航空券を
利用して浮いたお金があるのですから、その分観光で思い切り遊んでみませんか。

・お勧め観光地その1
スルタン・アヴドゥル・サマド・ビル

1897年にイギリスの建築安易寄って設計されました。旧イギリス連邦の事務局として建てられました。
イスラム教のモスクと西洋建築の時計台が組み合わされた珍しいムーア様式です。こちらの建物はイギリスの伝統的な建築様式とマレーシアの文化が見事に融合した観光客からも人気のある建物になっています。こちらの建物は、内部見学ができませんが、外観だけでも見に行く価値があります。

・お勧め観光地その2
ブキッ・ビンタン通り

こちらは、屋台がたくさんある通りとしてマレーシアでも有名な通りです。
この通りで、グルメやショッピング、お土産の購入まで、済ませてしまう事ができます。席数もかなりあるので、座って食べる事が可能です。
場所は、ブキッ・ビンタン駅周辺が、マレーシアの最大の繁華街となっています。

・お勧め観光地その3
バトゥ洞窟

この洞窟には大きな女神の像が立っています。この洞窟が申請な場所である事を意味しています。早速散策をしてみましょう。
洞窟の中に入ると洞窟から日の光が差し込み箇所もありマレーシアの人々が、自然を大事にしている歴史を感じ取ることができます。

まとめ

今回紹介したマレーシアの観光地はごく一部です。
他にもリゾートビーチやマリンスポーツを楽しむ事ができる島々や、ゴルフ場、
買い物ができるといった観光の目的に合った観光地が多数点在しています。

豊かな自然を楽しむ事も近代的な美しい建物を楽しむ事もできます。

また、マレーシアの歴史や文化を肌で感じとる事ができる観光地も、まだまだたくさんあります。ガイドブックで調べる事やネットで検索して自分に合った観光地を選び出す事も、また楽しみの一つです。LCCや格安航空券を利用してマレーシアを思う存分楽しんでみてください。
観光で歩き回った後は、屋台に行って自分好みの地元料理を探し出すというのもまた楽しみではないでしょうか。
自分の足で新たな観光地を探し出すのもいいでしょう。

但し、マリンスポーツを楽しむ時は、インストラクターの指示をしっかりと守ってください。楽しい思い出になる事でしょう。

マレーシアLCC格安航空券のおすすめの買い方

アメリカへの旅行を計画したなら、是非LCCや格安航空券を利用して空の旅を楽しみましょう。
LCCは安いのですが、サービスが物足りない、また遅延が生じた場合には機体の準備ができないので遅れやとりけしが出ても気にならないといった方にはLCCを利用する事をお勧めします。

逆に、サービスの良さと遅れやキャンセルがでては困るといった方は格安航空券を利用する事をお勧めします。

・安く購入するコツ
まず、気品としては、シーンズン中を避けるという事です。ゴールデンウィークやお盆やお正月といったハイシーズンでは料金が高くなるので、なるべくならオフシーズンを選択すると、若干安く手にいれることができます。

・予約する時は早めに
格安航空券を入手する時はなるべく早めに予約する方が良いでしょう。
できれば5か月前に購入することをお勧めします。
LCCを利用する場合は6週間前に購入することをお勧めします。
人気の路線はすぐになくなってしまうのでその前に購入しておくことをお勧めします。
また、各航空会社が実施している早割を利用する事もお勧めします。
1か月前から予約すると、比較的安く入手することができます。
但し、前日でも安く購入することができる旅行会社もあります。

・購入するのはいつがいい?

次に、購入する曜日ですが、土日に航空券を購入すると週末は格安の航空券を購入する人が多いので安い航空券が売り切れる可能性が高いので土日の購入は避けた方が良いでしょう。では、いつ購入すると良いのでしょうか。
航空会社は月曜日から航空券の販売を開始します。そして、
次の日つまり火曜日にセールの情報が公開する事が多いと言われています。
その為、水曜日に購入すると良いとされています。
次に、時間帯ですが、早朝と深夜の便利用すると安く購入することをお勧めします。
予約する時間は午後の方が比較的安い航空券が購入できる可能映画高いと言われています。
午前中は出張で航空会社を利用するお客が多い午前中の方が値段を少し高めに設定しているそうです。

まとめ
ここまで見てくると、大手の航空会社の航空券でも、購入する時期や時間帯とかその時々によって格安な航空券を購入することができます。
LCCは比較的人気が高いので早めの購入を予定すると良いでしょう。
大手航空会社の航空券を安く購入したい場合は、曜日と時間帯に気を付ける事で、
安い航空券を購入することができます。格安航空券といった最初から安いと
知られている航空券も良いですが、購入時期を選んで比較的安い航空券利用する事も
賢い購入方法としてお勧めします。