マレーシアLCC格安航空券の代表的な空港

マレーシア LCC 格安航空券の代表的な空港

マレーシアには、豊かな自然や歴史的な遺産を眺める事も楽しいですが、グルメやショッピングといった楽しみ方も豊富にあります。
また、足を延ばせばシンガポールにも陸続きで遊びに行くことも可能です。
そんな遊びどころがたくさんあるマレーシアへは、これから紹介する空港を利用すると大変便利です。

・KLIA
こちらの空の玄関口とも言われる有名な空港です。
「森の中の空港」というテーマの下故黒川紀章さんが設計に携わった空港として知られています。
日本語での案内表示やアナウンスもあるので、初心者でも安心して利用することができます。

・ペナン国際空港
ペナン島にある小さい空港です。その所在地から「バヤン・レバス」ともいわれています。
空港内にはマックを中心にケーキを食べれる店もあります。
日本のケーキと違く海外のケーキは甘ったるく好き嫌いが分かれますが、旅のつかれに待ち時間を利用して食べるのは良いかもしれません。東南アジアのなかで中規模の空港です。こちらの空港は、LCCのファイアーフライ航空と、エアアジアのハブ空港となっています。

・ボルネオ島
ボルネオ島に位置する国際空港があります。サバ州やボルネオ島への入り口となっている小さい空港です。
この国際空港はマレーシアでも2番目に旅客数が多い空港です。こちらの空港に入ってきている航空各社は、マレーシア航空やエアアジア、ジェットスター・アジア・エアウェイズなどのアジアからの就労が多い空港です。

・スナイ国際空港
スナイ国際空港はマレーシア南部にあるにある正式名称を「Sultan Ismail国際空港」と呼ばれています。本当に小さい空港ですケンタッキーとかスタバとかで暇つぶしができるぐらいしかありません。Wifiもつながる所は限られていますし、椅子も多くないので座れるところも少ないです。
そうはいってもスナイ国際空港はマレーシアの格安航空会社でもあるエアアジアの第2のハブ空港となっています。

まとめ
マレーシアの航空会社によって、日本から直接ではなくアジアの各都市を経由してからマレーシアに入国をするパターンが行先によってあります。
それぞれの行き先と就航会社をしっかりと確認してから、出発する事をお勧めします。
マレーシアのどの場所に観光に行くのかを先に決めてから、どの空港を利用するのか、あるいは、どの航空会社を利用するのかしっかりと確認してから、マレーシアの観光を楽しむと良いでしょう。

マレーシアの各観光都市へと足を延ばして思い切りマレーシアを堪能してください。